健やか総本舗亀山堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

キムタク暴露「HERO」続編やる!

キムタク暴露「HERO」続編やる!
10月6日7時3分配信 スポーツニッポン


 SMAPの木村拓哉(34)が主演する映画「HERO」が5日、韓国釜山市で開催中の第12回釜山国際映画祭で、特別招待作品として公式上映された。会場の野外劇場には5000人が来場。木村の舞台あいさつに悲鳴を上げた。上映前には木村が会見し、韓国を中心に中国、香港などアジア各国・地域から報道陣が殺到。こちらも12年間で過去最高の約300人が集まる盛り上がりを見せた。

 午前11時半からの会見。報道陣はこの2時間半前から集まりだし、映画祭事務局の係が到着していないのに、会見場に入り込んでカメラを設置。テレビカメラ70台が並び、スチールカメラマン65人が陣取る。記者は日本人から40人、シンガーポールなどアジア各国から260人の計約300人が集結した。

 韓国メディアからは「ハリウッドのスターの訪韓でも、こんなに取材には来ない。その2、3倍の数が集まった」と驚きの声。カメラマンも「45分間の会見なのに、通常の1日分の数だけシャッターをきってしまった」と、被写体としての木村の魅力を指摘した。

 この“歴史的会見”で木村はまず「チョヌン、キムラタクヤイムニダ。ヨンファ、ヒーローチャルプタックトゥーリムニダ(木村拓哉です。映画“HERO”をよろしくお願いします)」と韓国語であいさつした。

 報道陣の数に比例しマイクの数も増え、何度もハウリング。いらつく場内の空気を察知した木村は、雑音に合わせてエアギターのまねをして和ませるなど、サービス精神おう盛な会見に。

 海外の映画祭は、「2046」で04年にカンヌ国際映画祭に参加して以来。カンヌには今年も「HERO」の宣伝で訪れた。初参加となった釜山国際映画祭の印象を尋ねられると「カンヌは場所や気候もいいですが、韓国の方がメシがうまいですね。僕にとっては食事が大きい要素」と当地を持ち上げた。

 大盛況の会見に上機嫌。最後は、鈴木雅之監督の横で「また監督とみなさんの前でお話ができると思う」と、劇場版「HERO」の続編製作をほのめかすリップサービスまで飛び出した。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。