健やか総本舗亀山堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

大毅に手土産!?和毅“覆面男”スカウト

大毅に手土産!?和毅“覆面男”スカウト

10月3日10時26分配信 デイリースポーツ

謎の覆面ボクサーを連れて帰国した亀田和毅=成田空港

 WBC世界フライ級タイトルマッチ(10月11日)に向けて、挑戦者・大毅(18)=協栄=に“強力助っ人”参上!?亀田家の三男・和毅=ともき=(16)が2日、遠征先のメキシコから帰国。和毅は大毅のスパーリング相手として「メキシコ人」と称する正体不明のボクサーを現地でスカウトし、同伴して成田空港に現れた。その素性は明かされなかったが、体格、階級、ボクシングスタイルで王者・内藤大助(33)に酷似しており、3日から“仮想内藤”として大毅のパートナーを務めるという。
 和毅が大きな“手土産”を持って帰国した。ともに到着ゲートに現れたのは、メキシコのプロレス「ルチャ・リブレ」ばりのマスクをかぶった謎のボクサー。和毅から紹介されたメキシコ人は「こんにちは」とたどたどしい日本語であいさつ。マスク下の表情は、不敵な笑みを浮かべているようでもあった。
 謎のメキシカンは身長166センチで、階級はフライ級だという。キャリアは明かされなかったが、ファイトスタイルは、突進型の典型的なメキシカンファイターらしい。和毅が現地で通うパンチョ・ロサレスジムの同僚であり、内藤の動きに似ていることから声を掛けたという。
 和毅は「顔は弱そうやけど、こいつ、なかなかやるねん。俺も大ちゃん(大毅)のためになんかしたかったし、強引に連れてきてもうたわ。ええ仕事すると思うで。亀田家の秘密兵器や」と自らスカウトした秘密兵器をアピール。さっそく3日からパートナーとしてスパーリングを開始予定で、このメキシカンが最終調整のカギを握る。
 9月23日に東京・お台場で行った屋外会場での公開スパーリングでも謎のマスクマンが登場し、大毅のパートナーを務めた。一部で“興毅説”も浮上したが、やはり、パートナーの国籍なども不明のまま。2人の謎のボクサーが仮想内藤として大毅の相手となる。来日したメキシカンは亀田家からかん口令が敷かれた様子で、自身の正体に関しては終始ノーコメントを貫き、不気味さを漂わせていた。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。